NTTドコモ、端末購入サポート「月々サポート」やスマートフォン/データ端末向けパケット定額オプションを3月15日から追加


ドコモも端末購入サポートを本格的に導入へ!

NTTドコモは、1月28日、スマートフォンやタブレットといったデバイス向けのパケット定額オプションサービスに「パケ・ホーダイ フラット」および「パケ・ホーダイ ダブル2」、データ通信端末向けのパケット定額オプションサービスに「定額データプラン フラット」および「定額データプラン スタンダード2」、さらに、スマートフォン向けに端末割引サービス「月々サポート」を2011年3月15日(火)から導入すると発表しています。


1. スマートフォン向けパケット定額オプション
ドコモスマートフォンでは、これまでパケット定額オプションとして「パケ・ホーダイ ダブル」が提供されてきましたが、段階性定額であったこともあって上限額が他社と比べて割高となっていたり、他社では段階性のパケット定額オプションにおいても多様なプランが用意されていたりしたこともあり、それらに対抗してオプションサービスが導入された形になります。

新しく導入されるパケット定額オプションのうち、パケ・ホーダイ フラットは、完全定額制(フラット型)のパケット定額サービスでスマートフォンで利用した場合には月額5,460円で利用可能となっています。従来のパケ・ホーダイ ダブルの上限額と比較するとフルで利用した場合には525円割安になります。

スマートフォン以外で、iモードを利用した場合には月額5,460円、iモード対応機種においてフルブラウザを利用した場合には月額5985円、パソコンなどに接続して利用した場合には128Kbpsによる通信を利用した場合に月額5,985円、それ以外では月額1万395円となります。パケット単価が上限額5,985円までが0.0525円/パケット、それ以降が0.021円/パケットとなっています。

一方で、パケ・ホーダイ ダブル2は、2段階型のパケット定額サービスで、より気軽に利用できるようにパケ・ホーダイ フラットと比較して下限額を下げたプランとなります。スマートフォンで利用した場合には、はじめから月額2,100円(下限額)がかかりますが、その分、4万パケットまでは2,100円で利用できます。4万パケット以降がが0.0525円/パケットで増えていき、11.4万パケットで上限額に達し、それ以降も5,985円で利用できます。

パケ・ホーダイ ダブル2のスマートフォン以外での利用については、iモードを利用した場合には月額4,410円、iモード対応機種においてフルブラウザを利用した場合には月額5985円、パソコンなどに接続して利用した場合には128Kbpsによる通信を利用した場合に月額5,985円、それ以外では月額1万395円となります。パケット単価はパケ・ホーダイ フラットと同じとなります。

02


2. データ通信端末向けパケット定額オプション
これらのパケ・ホーダイ フラットおよびパケ・ホーダイ ダブル2をデータ通信端末向けにした「定額データプラン フラット」および「定額データプラン スタンダード2」も同じく3月15日から提供されます。バリュープランに加えて、月額利用料に735円が加算されるベーシックプランで利用できます。

また、2年契約をすることで割引される「定額データ スタンダード割2」も用意され、選択することで上限額が割り引かれます。利用料金についてはそれぞれ以下の通りとなります。

03


3. スマートフォン向け「月々サポート」
最後に、スマートフォンの機種に応じた金額を最大24ヶ月間割り引く端末購入サポート「月々サポート」も3月15日から開始されます。すでに他社では導入されている販売方式です。対象となるのは、スマートフォンやタブレットデバイスとなっています。

従来の端末購入時に端末の代金から値段を割引していた方式とは異なり、機種ごとに設定された一定額を毎月の利用料金から割り引くサービスとなっています。購入した月を1ヶ月目として、最大24ヶ月間、各種割引サービス適用後の毎月の利用料金から割引がなされます。

月の利用料の合計よりも割引額のほうが大きい場合、利用料の合計をその月の割り引きの上限とし、残った割引額の繰り越しなどは行われない。端末購入に関わる分割払いの代金は、割り引きの対象外。

従来までの購入時に端末価格を割り引く「端末購入サポート」は3月14日で受付を終了するとのことです。端末購入サポートの割引額と月々サポートの合計の割引額は同等になる予定ということです。

現時点で、月々サポート対象機種が「HT1100」「F1100」「HT-01A」「HT-02A」「BlackBerry Bold」「T-01A」「HT-03A」「SC-01B」「Xperia」「dynapocket T-01B」「LYNX SH-10B」「BlackBerry Bold 9700」「GALAXY S」「GALAXY Tab」「BlackBerry Curve 9300」「LINX 3D SH-03C」「REGZA Phone T-01C」「ブックリーダー SH-07C」となっており、今後発売されるスマートフォンおよびタブレットデバイスは月々サポートの対象になります。

月々サポートを利用できるのは、端末をバリューコースで購入し、「パケ・ホーダイ フラット」「パケ・ホーダイ ダブル2」「定額データプラン フラット バリュー」「定額データプラン スタンダード2 バリュー」のいずれかを契約した人となります。

月々サポートの適用期間中に新しい携帯電話の購入および解約、利用休止、2in1のBナンバーとして利用、指定のパケット定額サービスの廃止、指定のパケット定額サービス以外への変更というケースにおいて月々サポートの割り引きが中止されるので注意しましょう。

04

05

記事執筆:memn0ck

■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
月々サポート
さあ、そろそろスマートフォンを。 | NTTドコモ

■関連記事
モバイルギアの遺伝子を受け継いだ!?NEC、AndroidやATOKを搭載したスマートブック「LifeTouch NOTE」を発表!3月10日発売
Android搭載のスマートフォンで行う文字入力方法の設定【ハウツー】
スマートフォンケースが当たる!?オンラインショッピングモールで女性スマートフォンユーザー向けの特集ページがオープン
ディズニー・モバイル、初スマートフォン「DM009SH」を2月18日に発売!オリジナルグッズがもらえるキャンペーンも実施
一生懸命くるくる回るハムスターで癒されよう♪育成ゲーム「ハムスター電力」【Androidアプリ】