ウルシステムズ(株)は、企業の基幹業務システム向け分散ソフトウエアフレームワーク「Asakusa」を開発、オープンソース化した正式版を3月に提供開始すると発表した。

同ソフトは分散処理を行う基盤ソフトウエア「Hadoop」に対応した業界初のソフトウエアとなる。Hadoop上に基幹バッチシステムで必要な開発環境・実行環境・運用環境を実装しているため、高速・安価・安全に実行できるのが特徴だ。また、Hadoopに詳しくないエンジニアが同ソフト上で簡単に開発が行えるようになるのも、大きなポイントとなる。


ウルシステムズ Webサイト
ウルシステムズ Webサイト


ウルシステムズ(株)
URL:http://www.ulsystems.co.jp/
2011/02/10

■関連記事
ミクシィ、NFCを使ったmixiチェック/mixiチェックインが可能に (2011.2.10)
さくらインターネット、バーチャルプライベートクラウドサービスを提供 (2011.2.10)
Google、バレンタインの人気お菓子レシピトップ5を公開 (2011.2.10)
アドビ、「Flash Player 10.2」公開 (2011.2.10)
コレガ、簡単接続が特徴的な高速有線LANルータ「CG-BARLX」 (2011.2.10)
主婦の友社、初のAndroid Market向け書籍としてベストセラー2タイトル (2011.2.9)
KDDI、位置情報の「foursquare」と協力関係を構築 (2011.2.9)
TOO、札幌でAdobe Digital Publishing Suiteのセミナー開催 (2011.2.9)
GMO-HS、15年13万社の実績を携えてクラウドに参入「GMOクラウド」 (2011.2.9)
実践! WEBビジュアルデザイン 第8回「優れたデザインに最適化していくワザ(後編)」 (2011.2.10)