産地直送野菜を届けます

写真拡大

   農家であまった野菜や果物をプレゼントするwebサイト「タダヤサイドットコム」が2011年2月8日に立ち上がり、話題を集めている。

   同サイトは、クラベルジャパン社(埼玉・本庄市)が運営し、群馬・埼玉北部を中心とする地元の生産農家らも参加している。送料をのぞけば、文字通り、「タダ」で産地直送野菜を届けてくれるというシステムで、たとえば、現在は、「富田農園の最高級絶品いちご」(限定40人、2月19日24時まで)の申し込みを受け付け中だ。サイト開設から1日で、応募者はおよそ1600人にものぼるという。

   代表の高橋栄治さんは「東京の人は意外に思うかもしれませんが、地元農家の間では近所の者同士、野菜を融通しあったりしています。形が悪いというだけで商品にならない、あまった野菜などをプレゼントすることで、まずは味を試してほしいというのが狙い」だと話す。

   サイト上では、野菜を提供する農家を詳しく紹介したり、気に入った野菜が買えたりする工夫を施している。「タダ」でプレゼントするのは、あくまでもPRのためというわけだ。また、サイト内で紹介している野菜・果物は現在、3種類――イチゴ、ほうれんそう、深谷ねぎと少ないのは、多くの野菜が収穫時期をはずれているからで、「春、夏になったら、もっと充実させていくのでお楽しみに」と高橋さんは話している。<モノウォッチ>

J-CASTモノウォッチとは?

注目商品・新サービスを中心に、トレンド最先端の「モノ」にこだわる記事を毎日掲載。ジャンルも豊富で、きっとお気に入りが見つかるはず。
売れ筋商品が一目で分かる!!売れ筋ウォッチがオープン!