札幌近辺のスープカレー情報がいっぱい

写真拡大

「このうまさ 五・七・五では 語れない」

   ティーツーワイジャム社(北海道札幌市)が運営するスープカレーとカレー情報サイト「スパイスビーチ」は2011年1月28日、募集していた新春企画「スープカレー川柳コンテスト」の結果を発表した。その大賞が冒頭の句で、200通近くの応募の中から選ばれた。同社の玉木雅人社長を「私自身、20年以上、スープカレーを食べ歩いていますが、ぐっとくるものを感じました。きっとスープカレーが本当に好きな人じゃないかな」と唸らせたほどだ。

   「スパイスビーチ」では、北海道札幌市を中心とするおよそ200あるスープカレー(カレー)店の情報やイベントなどを紹介中。「(最近のスープカレー店は)ジャズやレゲエが流れる感じのいい店が多くて、雰囲気を楽しめるスポットですよ」と玉木社長は話す。

   スープカレーは1970年ごろ、札幌市で生まれた。さらさらとしたスープ、チキンや豚の角煮、ジャガイモ、カボチャなど大ぶりの具材が特長だ。<モノウォッチ>

J-CASTモノウォッチとは?

注目商品・新サービスを中心に、トレンド最先端の「モノ」にこだわる記事を毎日掲載。ジャンルも豊富で、きっとお気に入りが見つかるはず。
売れ筋商品が一目で分かる!!売れ筋ウォッチがオープン!