NTTドコモは2011年1月28日、スマートフォンやタブレット端末向け、新パケット定額サービスの料金プランを発表した。3月15日から提供をはじめる。

   新しいパケット定額サービスは(1)フラット型の「パケ・ホーダイ フラット」と(2)2段階型の「パケ・ホーダイ ダブル2」がある。(1)は従来の「パケ・ホーダイ ダブル」に比べて525円割安となる5460円。(2)は下限額(2100円)を越えた分が従量課金される(上限は5985円)が、従来の「パケ・ホーダイ ダブル」に比べ割安な料金(国際ローミング中のパケット通信、デュアルネットワークサービス利用時のmovaにおけるパケット通信では適用されない)。

   スマートフォンやタブレット端末を購入する際、これらの料金サービスに申し込めば、機種に応じた一定額を毎月の利用料金から、最大24か月間割り引くサービスも実施。また、新たに提供されるパケット定額サービス「パケ・ホーダイ フラット」「パケ・ホーダイ ダブル2」については、「応援学割」の対象なので、最大3年間はスマートフォンを利用する場合、上限額からさらに525円割り引く。<モノウォッチ>

J-CASTモノウォッチとは?

注目商品・新サービスを中心に、トレンド最先端の「モノ」にこだわる記事を毎日掲載。ジャンルも豊富で、きっとお気に入りが見つかるはず。
売れ筋商品が一目で分かる!!売れ筋ウォッチがオープン!