マツダは、2012年春から日本国内での電気自動車のリース販売を始めることを、2011年1月24日に発表した。

   マツダは、今年から環境性能の改善を図った「SKYACTIV(スカイアクティブ)」技術を搭載した商品を順次市場投入していく。同時に、電気自動車の研究開発も進めており、今回のリース販売を通して、顧客の利便性や電気駆動技術の実用性を深めていく予定だ。

   なお、電気自動車の航続距離は200km程度が目標で、日本国内の地方自治体や法人顧客を中心に販売を行う。<モノウォッチ>

J-CASTモノウォッチとは?

注目商品・新サービスを中心に、トレンド最先端の「モノ」にこだわる記事を毎日掲載。ジャンルも豊富で、きっとお気に入りが見つかるはず。
売れ筋商品が一目で分かる!!売れ筋ウォッチがオープン!