未来型コミュニケーションスペース「グラフィティ・アーティスティック・ダイニング」の店内

写真拡大

   LCD(リキッド・クリスタル・ディスプレイ)スクリーンやタッチパネル式のDJブースを設置した未来型コミュニケーションスペース「グラフィティ・アーティスティック・ダイニング」が2010年10月21日、東京・六本木にオープンして話題を呼んでいる。無限の可能性を秘めたマルチコミュニケーション空間を目指しており、世界中とネットワークでつながった、時代の空気に合った新しい形の社交場としての注目度は高い。

   59坪、120席の空間には、壁にさまざまなサイズのLCD液晶パネルやプロジェクターが、また、テーブル(9席)にも32インチまたは46インチのLCD液晶パネルが備えられ、音と映像により、異次元と思えるような雰囲気を醸し出している。テーブルのLCD液晶パネルからは料理やお酒のメニューを映し出して見られたり、ゲームをしたり、グーグルアースで「世界旅行」をしたりすることも可能。例えば、iPadは片手で操作するが、ここの場合は両手でダイナミックな操作が楽しめる。

   ちなみに、LCD液晶パネルをこれだけ充実させたスペースは米ラスベガスと韓国にあるだけで、日本では初となる。

   エンターテインメント性だけではなく、料理も同店のウリだ。オーガニックをテーマにしたフュージョンキュイジーヌで、「バーニャカウダ」(500円)や「ほくほくカボチャのリ・ドゥ・ヴォー包み 自家製イチゴジャム添え」(1200円)などの野菜を用いた料理や、「シェフの気まぐれ肉のソテーが乗ったペペロンチーノパスタ」(1500円)などワインにマッチする料理が充実している。

   VIPルームではカラオケも可。中央のDJブースを利用した不定期のミュージックイベントやファッションショーも企画されている。

   ユーチューブ(http://www.youtube.com/watch?v=jV0-3uqPQW4)で「グラフィティ・アーティスティック・ダイニング」の世界が体験できる。

地下鉄・六本木駅から徒歩3分。営業時間18時〜翌4時、不定休。
問い合わせは、電話03-5411-8939または03-5411-8988。

   「グラフィティ・アーティスティック・ダイニング」では、カクテル無料券(3組12人、1組4人まで。何杯でも可)をユーストリーム情報番組「J-CAST THE FRIDAY」(http://www.ustream.tv/channel/j-cast-the-friday)の視聴者にプレゼントする。詳しくは2011年1月21日12時半からの番組内で。<モノウォッチ>

J-CASTモノウォッチとは?

注目商品・新サービスを中心に、トレンド最先端の「モノ」にこだわる記事を毎日掲載。ジャンルも豊富で、きっとお気に入りが見つかるはず。
売れ筋商品が一目で分かる!!売れ筋ウォッチがオープン!