ハンドメイド自転車が多数登場(写真はマホガニー製ロードバイク7号機)

写真拡大

   自転車文化センターは2011年1月22・23日の2日間、リハビリテーション機能を持つ身障者・高齢者向け自転車とレジャーやレースで使用する自転車を展示・紹介するイベント「使う人・目的にあわせた自転車造りフェア」を、東京・北の丸公園内にある「科学技術館」(1階イベントホール)で実施する。入場は無料。

   展示される自転車は、日本のメーカーが使う人の目的にあわせてハンドメードで作られたものを中心に集めた。「身障者・高齢者用自転車コーナー」と「レジャー・レース用自転車コーナー」のふたつのテーマが設けられている。各メーカーからスタッフも参加しているので使用などについて相談できるうえ、身障者・高齢者用自転車は、試乗し乗り心地を確認することもできる。

   高齢者用自転車は、転倒を避けるための三輪自転車となっており、重心が低く、またぎやすい工夫の施されたモデル、脚力がない人でもこぎやすいコンパクトに作られたモデルなど8社20台を展示予定。レジャー・レース用自転車は、ヨット製作のノウハウを生かした木製スポーツモデルやビルダーの製作した最新レーサーなど12社26台がある。<モノウォッチ>

J-CASTモノウォッチとは?

注目商品・新サービスを中心に、トレンド最先端の「モノ」にこだわる記事を毎日掲載。ジャンルも豊富で、きっとお気に入りが見つかるはず。
売れ筋商品が一目で分かる!!売れ筋ウォッチがオープン!