保温ヒーターがないから煮詰まらないし、コーヒー本来のおいしさを長く楽しめる

   象印マホービンは、保温ヒーターをなくすことで煮詰まることのない、コーヒー本来のおいしさを長く楽しめる「まほうびん構造」のステンレスサーバーに、好みに応じてコーヒーの濃さを「マイルド」「レギュラー」「ストロング」に切り替える「3段階濃度調節」機能を搭載したコーヒーメーカー「珈琲通」(EC-KS50型)を、2011年1月21日に発売する。

   ヒーターを使わずに保温するステンレスサーバーは、真空2重びんの「まほうびん構造」なので、煮詰まりによる味の変化がないほか、ドリップ後2時間後でも約75度、3時間後でも約70度と高い保温力を保つ。手入れしやすい口径6.5センチの広口サーバー。

   カルキを取り除きコーヒー豆本来のおいしさを引き出す、「浄水フィルター」もついているほか、「水タンク」や「スイングバスケット」、「フィルターケース」は本体からはずして手入れができる。

   色は、ダークブラウンとレッド。希望小売価格は1万5750円。<モノウォッチ>

J-CASTモノウォッチとは?

注目商品・新サービスを中心に、トレンド最先端の「モノ」にこだわる記事を毎日掲載。ジャンルも豊富で、きっとお気に入りが見つかるはず。
売れ筋商品が一目で分かる!!売れ筋ウォッチがオープン!