現代の中国人がもつ恋愛観に迫る

写真拡大

   尖閣諸島の漁船衝突事件をめぐる船長の逮捕と釈放、激化した反日デモ、直前で「ドタキャン」された日中首脳会談。2010年は、日中関係の悪化がクローズアップされた年となった。反日スローガンを声高に叫びながら街を練り歩く中国の若者が、頻繁にテレビ画面に映し出された。しかし、ひとたび政治から離れてみたとき、中国の人たちはどんな素顔をしているのか。その本当の表情に迫った一冊が、ティー・オーエンタテインメントのTOブックスから2010年12月18日に発売された「中国人のリアル」だ。

   筆者はノンフィクションライターの安田峰俊氏で、中国のネット掲示板を翻訳・編集して紹介するブロガーとしても活動している。安田氏がテーマに選んだのは「恋愛」だ。本書では、安田氏が自らネットの「婚活サイト」に登録し、複数の中国の若い女性と直接会って本音を聞きだしている。また中国の「質問サイト」に寄せられた、男女の恋愛の悩み相談を題材にしながら、離婚やドメスティックバイオレンスといった現代の中国人の恋愛問題に切り込んでいる。

   単行本、182ページ、価格1300円。<モノウォッチ>

J-CASTモノウォッチとは?

注目商品・新サービスを中心に、トレンド最先端の「モノ」にこだわる記事を毎日掲載。ジャンルも豊富で、きっとお気に入りが見つかるはず。
売れ筋商品が一目で分かる!!売れ筋ウォッチがオープン!