25日深夜、TBSのスポーツ番組「S1」では、野村克也氏による「ノムさんのボヤキ部屋」コーナーが放送された。

「一週間が早い。刻々とあの世に近づいております。本当に一年が早い」と切り出した野村氏は、「今年の(ボヤき)ベスト1いいましょうか。用意してきました」と話すや、“憤”と書かれた色紙を掲げる。

「まあ、色々あるなかで、一番自分が気に入らないことは、140試合3位のチームが日本一という言葉を使っている。ただ、日本シリーズで勝っただけ。ペナントレースは3位。ソフトバンクの立場がないよ。たった5試合かなんかで負けただけでね」と語り、「とりあえず、このシステム。3位のチームが日本一なんてことにならないように、なんとか根本からルールを変えて貰いたい。まだアメリカの方が許せるよ」とCS制に怒りのボヤきを披露した。