燃費は26.5km/Lと「フィット」や「マーチ」を上回る

写真拡大

   トヨタ自動車は2010年12月22日、5人乗りの小型乗用車「ヴィッツ」を5年ぶりに全面刷新して発売した。

   信号待ちなどの停車時に自動でエンジンを休止させる「アイドリングストップ」機能を一部車種で採用。同機能を搭載する排気量1.3Lのモデルでは、燃費をホンダの「フィット」(24.5km/L)や、日産自動車の「マーチ」(26.0km/L)を上回る26.5km/Lまで引き上げた。また、室内長を35mm拡大するなど快適性も向上させている。価格は106万円〜179万円。

   「ヴィッツ」は1999年に初代を発売。世界70か国以上で販売し、累計販売台数が350万台を超えるトヨタの基幹車となっている。<モノウォッチ>

J-CASTモノウォッチとは?

注目商品・新サービスを中心に、トレンド最先端の「モノ」にこだわる記事を毎日掲載。ジャンルも豊富で、きっとお気に入りが見つかるはず。
売れ筋商品が一目で分かる!!売れ筋ウォッチがオープン!