薄型でガラストッププレートのスタイリッシュなデザイン(写真は、EZ-HA26型)

写真拡大

   象印マホービンは、強火・中火・弱火がワンタッチで選べる業界初の「ワンタッチ火加減調節ボタン」や「9段階火加減調節」で料理にあった微妙な火力を設定できるガラストッププレートを採用した卓上型IH調理器(EZ-HA26型)と、天板にホワイトセラミックコートを採用した普及タイプ(EZ-HE26型)を、2010年12月11日に発売した。

   素材や調理方法にあわせて140度から200度で10度ごとに温度調節ができる「揚げ物機能」や、火力がひと目でわかる「液晶表示」。また、ダブルセンサーによる「異常温度上昇防止機能」、さらには、鍋がかかっていないことなどを検知して自動的に電源を切る「なべなし検知機能」などの5つの安全機能を備えた。

   EZ-HA26型の天板は、ガラストッププレートを採用。衝撃に強いほか、スタイリッシュなデザインを引き立たせる。お湯が沸いたら自動で電源を切る「湯わかし機能」もある。希望小売価格は、EZ-HA26型が2万5200円、EZ-HE26型が2万1000円。<モノウォッチ>

J-CASTモノウォッチとは?

注目商品・新サービスを中心に、トレンド最先端の「モノ」にこだわる記事を毎日掲載。ジャンルも豊富で、きっとお気に入りが見つかるはず。
売れ筋商品が一目で分かる!!売れ筋ウォッチがオープン!