批評家に人気の「ソーシャル・ネットワーク」

写真拡大

米ローリング・ストーン誌の映画評論家ピーター・トラバースが、2010年の映画トップ10を発表した。

例年、上位に選んだ作品がアカデミー賞作品賞を受賞することの多いトラバースが、今年のNo.1映画にあげたのは、デビッド・フィンチャー監督の「ソーシャル・ネットワーク」。米ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞でも作品賞を含む4冠に輝いた、今年の賞レースのフロントランナーだ。以降10位まで、いずれも作品賞や俳優賞でアカデミー賞ノミネートが確実視される作品が揃っている。

ピーター・トラバースが選ぶ2010年トップ10は以下の通り。

1.「ソーシャル・ネットワーク」(デビッド・フィンチャー監督)
2.「インセプション」(クリストファー・ノーラン監督)
3.「英国王のスピーチ」(トム・フーパー監督)
4.「トゥルー・グリット」(ジョエル&イーサン・コーエン監督)
5.「キッズ・オールライト」(リサ・チョロデンコ監督)
6.「127 Hours」(ダニー・ボイル監督)
7.「ブラック・スワン」(ダーレン・アロノフスキー監督)
8.「ザ・ファイター(原題)」(デビッド・O・ラッセル監督)
9.「Winter's Bone」(デブラ・グラニク監督)
10.「トイ・ストーリー3」(リー・アンクリッチ監督)