画像は「ロングファーレッグウオーマー」(フランティカ、3990円)

写真拡大

   ここ数年、秋冬のファッションには欠かせないアイテムとして女性の間で浸透している「レギンス」や「カラータイツ」などのレッグウエア注目を集めていたが、2009年〜10年は、「レッグウオーマー」が人気を呼んでいる。

   東京・小田急百貨店新宿店本館3階レッグウエア売場では、2010年に前年比3倍となる50種のレッグウオーマーを展開。特に、20代〜40代を中心にファー素材を使った商品の売れ行きが好調だという。パンプスやブーツの上からも合わせやすく、ボリューム感があって足もとをスリムに見せやすいことなどが人気の理由で、「11月に入ってからは週に約50足売れるほどの人気となっています」(広報)。

   価格は、フランティカの「ボンボン付ファーレッグウオーマー」が3570円、同じく「ロングファーレッグウオーマー」が3990円、エヌプラッツの「サイハイウオーマー」が4200円などと、お手ごろなのも魅力だ。<モノウォッチ>

J-CASTモノウォッチとは?

注目商品・新サービスを中心に、トレンド最先端の「モノ」にこだわる記事を毎日掲載。ジャンルも豊富で、きっとお気に入りが見つかるはず。
売れ筋商品が一目で分かる!!売れ筋ウォッチがオープン!