マンチェスター・ユナイテッドは27日、デンマーク代表でノルウェーのオーレスン所属のGKアンデルス・リンデゴーア(26歳)と3年半契約を結んだと発表した。移籍金は好評されていないが、オールド・トラフォードでメディカルチェックに合格し、個人的条件で合意した。
40歳になる元オランダ代表GKエドゥイン・ファン・デル・サルの後継者として期待されるリンデゴーアは、1月の移籍市場解禁まで出場できないため、12月いっぱいはクラブで練習に励むという。

アレックス・ファーガソン監督は、「アンデルスは期待できる若手のキーパーだ。マンチェスター・ユナイテッドは常に先を見据えており、アンデルスは存在感もあるし、将来性も高いゴールキーパーだ。登録する前に、ここで練習できるのは彼にとって重要なことだ。ちょうどプレシーズンと同様、チームメートに馴染む時間が作れるからね」と話した。

マンチェスター・ユナイテッドにはかつて、ペーター・シュマイケルという偉大なデンマーク代表ゴールキーパーがいた。1991年から99年まで在籍し、ユナイテッドの黄金期に貢献し、クラブ史上最高のGKと見なされている。

シュマイケルのような活躍を夢見るリンデゴーアは、「マンチェスター・ユナイテッドに加入できて夢がかなったよ。デンマークではすごく有名なクラブだか ら、こんな名誉なことはない。早くクラブの偉大な選手たちと一緒に練習したい。このチームの一員となって貢献したい」と話した。


■関連記事
クラシコでバルサ圧勝、首位浮上
またもやFIFA理事腐敗報道、W杯投票延期の声も
ベッカム、W杯誘致に自信
エル・クラシコを前にモウリーニョ監督「世界が喜ぶ試合をする責任がある」
FA杯3回戦組み合わせ決定、早くもマンU対リヴァプール戦