感動を呼ぶ夜間のショー「天使のくれた奇跡」

写真拡大

   ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)で2011年1月10日まで、冬のシーズン恒例「ユニバーサル・ワンダー・クリスマス」を開催中だ。

   ぜひ見ておきたいのが、2004年に初登場した高さ36メートルのクリスマスツリー「ユニバーサル・スーパー・クリスマスツリー」と、2008年にスタートした夜間のショー「天使のくれた奇跡」で、いずれも今回がフィナーレを迎える。「天使のくれた奇跡」は、ニューヨーク・エリアの壁面にパリの街並みを再現した巨大ショーセットを舞台に行われるロマンチックなショー。そのクオリティーの高さは世界的に認められており、観客を約20分間夢の世界へと誘う。ショーのクライマックスには、舞台に隣り合わせた「ユニバーサル・スーパー・クリスマスツリー」が、パイロ(演出用特殊花火)とともに点灯する場面もあり、感動をもたらす。

   12月25日まで、USJの公式ツイッター(http://www.usj.co.jp/twitter)でクリスマスキャンペーンを実施しており、パークの公式ツイッターアカウントをフォローし、今回フィナーレを迎える「ユニバーサル・スーパー・クリスマスツリー」と「天使のくれた奇跡」を見た感想をつぶやいた人に、公式ツイッターがリツイート(RT)。RTされた人の中から抽選で2組4人に「フィンランド サンタクロース村見学ツアー」がプレゼントされる。

   もう一つ、大きな話題となっているのが、「ユニバーサル・スーパー・クリスマスツリー」と「天使のくれた奇跡」のフィナーレを記念してやって来ている、フィンランド、ラップランド州政府公認のサンタクロースだ。期間中、ニューヨーク・エリアのパレスシアそこでゲストと記念撮影したり、プレゼントを贈ったりと、USJだけの特別な思い出を作ってくれる。<モノウォッチ>

J-CASTモノウォッチとは?

注目商品・新サービスを中心に、トレンド最先端の「モノ」にこだわる記事を毎日掲載。ジャンルも豊富で、きっとお気に入りが見つかるはず。
売れ筋商品が一目で分かる!!売れ筋ウォッチがオープン!