ユーモア人情小説の決定版「ヤッさん」

写真拡大

   類まれな食の知識と一級の舌をもったホームレス「ヤッさん」が主人公のユーモア人情小説『ヤッさん』(著・原宏一、双葉社から2010年10月28日発売)が話題だ。

   東京・銀座を舞台に、ホームレスというイメージからは遠い、極めて明るくポジティブな生活を送るヤッさんは、ある朝、新米ホームレスのタカオと出会う。大学を出て、会社勤めをしたが、結局なじめず、銀座に舞い込んできたタカオにとって、自分の足でかせいだ情報を武器に、一流店の料理人との関係を築き、堂々と食にありつくヤッさんは、まぶしすぎるほどの存在に映った。

   ヤッさんの「弟子」として過ごす日々は、刺激的で勉強になることばかり。いつまでも一緒にいたいと思うタカオだったが、ヤッさんはタカオを「破門」した。その理由とは・・・?

   今日も銀座をTシャツ姿で走っているかもしれない、と思わせるような、豊かで躍動感あふれる文体が、ヤッさんだけでなく、タカオ、そして彼らを取り巻く人々の人物像をリアルに浮き上がらせる。

   「最近元気がなくて」という人にすすめたい一冊だ。

   単行本、321ページ。 定価1575円。<モノウォッチ>

J-CASTモノウォッチとは?

注目商品・新サービスを中心に、トレンド最先端の「モノ」にこだわる記事を毎日掲載。ジャンルも豊富で、きっとお気に入りが見つかるはず。
売れ筋商品が一目で分かる!!売れ筋ウォッチがオープン!