「ホノオ(hono)・電子キャンドル」点灯・消灯は専用マッチで

写真拡大

   クリスマスが近づいてきたこの時期、メタフィスが販売する「ホノオ(hono)・電子キャンドル」が注目されている。一見したところ、アクリル製の棒(長さ27センチ)だが、付属の専用マッチ(ABS樹脂)で先端近くを優しくこするとLEDによって明かりが灯り、あけられた小さな穴に息を吹き込むと、本物のろうそくのような揺らぎが楽しめる。また、強く吹くと、一時的に消灯し、10秒後に「再点灯」する。

   充電式で、電池が切れた後、約15時間の充電で約8時間の連続点灯が可能。専用スタンド、点灯用マッチ、壁掛けホルダー、充電用ACアダプター、取り扱い説明書が付属する。

   価格は1本9975円。

   「ホノオ(hono)・電子キャンドル」に点灯した様子が、2010年11月26日昼12時半からのユーストリーム情報番組「J-CAST THE FRIDAY」(http://www.ustream.tv/channel/j-cast-the-friday)で紹介される。女性へのクリスマスプレゼントとしても喜ばれるかもしれない。<モノウォッチ>

J-CASTモノウォッチとは?

注目商品・新サービスを中心に、トレンド最先端の「モノ」にこだわる記事を毎日掲載。ジャンルも豊富で、きっとお気に入りが見つかるはず。
売れ筋商品が一目で分かる!!売れ筋ウォッチがオープン!