【トヨタ 新型 ラクティス 新車情報】ライバルはフィット、それともフリード スパイク!?【ニュース・トピックス:トヨタ】

写真拡大 (全16枚)

ボディサイズの変化は少ないが、見た目や質感、使い勝手はグッと向上

 トヨタのコンパクトクラスのなかでも、爽快ラクティスのキャッチフレーズで、軽快なコンパクトワゴン感を演出。元々はファンカーゴの後継車だけに使い勝手もよく、取り回しもよし。さらに走りもストレスなしとくれば人気者になって当然か。
 その初代ラクティスをさらに正常進化させたのが、フルモデルチェンジした2代目ラクティスだ。具体的には、ゆとりの室内空間/広い荷室/運転のしやすさ/使いやすさといった点について、さらに煮詰めているという。
 ぱっと見、ちょっとホンダのフィットやフリードにも似て見える。オオッ、またホンダに対する真っ向ライバル登場かと思ったが、フリードほどデップリとはしていないし、フィットよりは背が高い。室内空間をしっかりと確保しつつも、あくまでもスタイリッシュにこだわり、スッキリとした印象だ。というわけで、各部の室内寸法をチェックしてみると、じつは闇雲に先代のラクティスから大きくなっているわけではない。室内幅が大きくなっただけだが、それでもゆったりというのは着座位置だけでなく、シートの厚みにもこだわった結果だ。

肝心のラゲッジが大幅に使い勝手を向上した

 ラクティスの場合、なにはなくともまずはラゲッジだろう。各部の寸法を見てみると、開口部幅や荷室幅などでライバルを上回っており、さらに奥行きに関しては5名乗車時だけでなく、2名乗車時でも他を圧倒している。とくに後席のシートバックを倒した場合、1535ミリと、1.5メートルを超えるというのはかなり頼もしいのではないだろうか。
 またただ寸法的に大きいだけでなく、後席はレバーひとつで倒すことができるし、ラゲッジフロアは軽く引くだけで、下に下げることができるなど、自在。また凹凸や段差をできるだけ少なくしてもいる。

アクティブCVTのキビキビ感に注目だ

 そして新型ラクティスの爽快な走りについて。従来型と同じ1.5リッターを搭載するが、さらなる最適化とアクティブCVTと組み合わせることで、走行性能のアップと省燃費を両立させている。アクティブCVTとは、7速のマニュアルモードが付いており、応答性もいいキビキビ感を演出することに重きを置いて制御してくれるCVTのことで、爽快感を新型でも楽しめそうだ。またデュアルVVT-iで、低中速の扱いやすさを重点におきつつ、高速での伸びにも配慮した1.3リッターも用意されている。
 出力については1.3リッターが95馬力、1.5リッターが109馬力と異なるものの、肝心の燃費は1.3リッターが20.0km/Lで、1.5リッターでも同じ数字。さらにスポーティグレードのSも見逃せないところで、専用チューニングのユーロサスペンションを装備して、シフトもパドルシフトが付く。スタビライザー径まで太くなっており、そのパフォーマンスは今から楽しみだ。そのほか、大型パノラマルーフも爽快感をアシストしてくれる装備といっていいだろう。
 なお新型ラクティスでは、標準タイプのグレードに加え、上質仕様の「L'épice(レピス)」、スポーティな内外装の「S」を新設定しバリエーションを広げた。さらに、ウェルキャブ(福祉車両)の「車いす仕様車 タイプI "助手席側リアシート付"」を、車いす仕様車として日本で初めて型式指定自動車の認定を受け、持ち込み登録が不要となった。先代ラクティスの同仕様の人気を受けての型式指定であり、専用のハイルーフボディを新開発し、後輪エアサスペンションを採用するなど、人気を継承する設計となっている。
 新型ラクティスの価格は「X」[1.3リッター/FF]144.5万円[消費税込み]から。月販目標は4500台で、全国のトヨペット店およびトヨタカローラ店での取り扱いとなる。

代表グレードトヨタ ラクティス L'épice(レピス) 1.5L(2WD)
ボディサイズ[mm](全長×全幅×全高)3995×1695×1585mm
車両重量[kg]1110kg
総排気量[cc]1496cc
最高出力[ps(kw)/rpm]109ps(80kW)/6000rpm
最大トルク[kg-m(N・m)/rpm]14.1kg-m(138N・m)/4400rpm
トランスミッションCVT
10・15モード燃費[km/L]20.0km/L
定員[人]5人
消費税込価格[万円]159.5万円
発売日2010/11/22
レポート近藤 暁史
写真オフィスマッシュルーム

【関連記事】

この記事をCORISMで読む→