俳優のえなりかずきはドラマ『渡る世間は鬼ばかり』でのイメージもあり真面目で硬派と思われがちだ。しかし意外にも彼はよく女性をナンパするというのだ。テレビ番組で彼はそのナンパ術を明かしたのである。

えなりかずきは3歳で子役としてデビュー、1990年からはドラマ『渡る世間は鬼ばかり』に出演して以来、同ドラマと彼は切り離せないほどのはまり役となる。彼は現在26歳となるが早くからゴルフを趣味としたり、服装もおじさん風で若者らしくないキャラクターで通している。
しかし、そのえなりかずきが意外にも女性をナンパすることが苦にならないと言い出したのだ。11月13日放送の「メレンゲの気持ち」の中で彼はそのナンパについて語った。

ゲスト出演したえなりが「ナンパは苦にならない」と言い出した時は司会の久本雅美やレギュラーの松浦亜弥、臼田あさ美、そしてゲストの南野陽子ら女性陣が驚いた。
えなりのイメージからは女性に声をかけるシーンが想像できないからだ。ところが彼は普通だったら声をかけられない女性にも平気で声をかけると言う。「例えばあややでも誘えますよ」と目の前の松浦亜弥を出して説明した。
一般的には松浦亜弥をナンパしても断られるのがオチだと敬遠するのだが、えなりの場合は「断られても全く気にしない」のである。
彼はナンパの考え方を野球に例えて説明した。かなり長時間力説したが要するに『イチローでも3割バッター。ボクなんかまだ低いんだから30人で1人うまくいけばいいんですよ』という考え方で「あややから断られても『29人のうちの1人』と思えば気にならない」ということなのだ。

自信満々でナンパについて持論を展開したえなりかずきだったが久本雅美が「あんた、恋愛を軽く見てない!?」と突っ込んだので慌てた。他の女性陣も久本に共感してえなりを白い目で見だしたのだ。
そんなえなりを救うかのように久本が「年上がタイプなんだって?」と話題を変えて「困っちゃうな」と自分も対象だとアピールしてみせた。
えなりによると確かに年上の女性がタイプで「これまでナンパしたのもみんな年上だ」と明かしたのだが、交際した女性の年齢に関しては語らなかったのである。
もしかするとえなり流ナンパ法でまだ交際に至ったことは無いのかもしれない。
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)【関連記事】
久本雅美、激白。「タモリはダメ。北野武に抱かれたい。」
「パソコンから何かが・・・」松浦亜弥がパソコンを使えなかったワケ。
”不思議ちゃん”成海璃子と、臼田あさ美の意外な共通点。
女芸人の大久保、鬼奴、黒沢。1番お高い美容院に通っているのは?
腕立て伏せにワイヤーアクション? 南野陽子、「スケバン刑事」の秘密を暴露。
-ITからセレブ、オタク、事件・事故まで。スルーできないニュース満載-
TechinsightJapan(テックインサイトジャパン)はコチラから!