5日、新京報は記事「13億人もいてなぜサッカーが弱いのか?マラドーナ氏も理解できず=中国代表にはハイレベルの選手が欠けていると指摘」を掲載した。写真は2010年8月、サッカー・中国代表対バーレーン代表の親善試合。<url name="【その他の写真】" url="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=46759">

写真拡大

2010年11月5日、新京報は記事「13億人もいてなぜサッカーが弱いのか?マラドーナ氏も理解できず=中国代表にはハイレベルの選手が欠けていると指摘」を掲載した。

4日、中国赤十字会とチャリティー大使の契約を交わしたサッカーの元世界的名選手ディエゴ・マラドーナ氏。調印式の席上、ある疑問を口にした。「中国サッカーに足りないものは何もないが、ハイレベルな選手だけが欠けている。13億もの人口を持ちながらなぜハイレベルな代表チームができないのだろう?」素朴な問いかけだが、中国サッカーファンなら誰もが気になっている問題だろう。

【その他の写真】

この日、マラドーナ氏は絶好調。チャリティーイベントでサッカーボールでのリフティングを披露したばかりか、なんと卓球のピンポン球でのリフティングという妙技を披露。最初は慣れないボールに苦しんでいたものの、あっという間に順応し、改めてテクニックの高さを示していた。(翻訳・編集/KT)

【関連記事】
<サッカー>ディエゴ・マラドーナ氏が中国を訪問=上海申花クラブオーナーと会談―中国
さすが金満中国人!マラドーナとお食事する権利、なんと240万円超で落札―中国
中国サッカー協会の謝亜龍・元副会長、八百長事件がらみで2度目の事情聴取―中国
<W杯>日本代表、変化の秘密=韓国サッカーをマネて一気に強化―韓国メディア
最高セクシーのサッカー・ベイビー、イザベラ・ヤン入浴以上の危険写真も?―中国