「WEBRONZA」内の特設サイト

写真拡大

   朝日新聞社が運営する言論・解説サイト「WEBRONZA」は2010年11月7日に早稲田大学で行われる「メディアと検察」をテーマとするシンポジウムに協力する。

   シンポジウムは、学園祭にあわせて早大大学院が企画したもの。パネリストには、ジャーナリストの魚住昭、元検察官で弁護士の郷原信郎、朝日新聞編集委員の一色清の3氏が登場する。「これからの『メディアと検察』の話をしよう」と題して、「検察組織の構造的問題」と「報道機関と検察の関係」について議論する。時間は14時〜16時30分。入場無料。

   当日は、動画配信サイト「ニコニコ生放送」で生中継を行うほか、「WEBRONZA」でもシンポジウムの模様を紹介する。また、「WEBRONZA」内の特設ページ(http://webronza.asahi.com/pr_20101107.html)では、事前にパネリストへの質問などを募集している。<モノウォッチ>

J-CASTモノウォッチとは?

注目商品・新サービスを中心に、トレンド最先端の「モノ」にこだわる記事を毎日掲載。ジャンルも豊富で、きっとお気に入りが見つかるはず。
売れ筋商品が一目で分かる!!売れ筋ウォッチがオープン!