新開発の「SKYACTIVE-G」

写真拡大

   マツダは2010年10月20日、新型ガソリンエンジン「SKYACTIVE-G」を発表した。エンジンのシリンダー内に取り込む空気の圧縮比率を高め、量産型で世界最高となる14.0にすることで、燃費と駆動力を従来比15%向上させた。

   新エンジンは11年前半に改良を予定する5人乗りの小型車「マツダ デミオ」で採用。新型「デミオ」の燃費は、ホンダの「フィットハイブリッド」など、エンジンと電気モーターを併用するハイブリッド(HV)車と同程度の30km/Lを見込んでいる。<モノウォッチ>

J-CASTモノウォッチとは?

注目商品・新サービスを中心に、トレンド最先端の「モノ」にこだわる記事を毎日掲載。ジャンルも豊富で、きっとお気に入りが見つかるはず。
売れ筋商品が一目で分かる!!売れ筋ウォッチがオープン!