直線基調のシャープなデザインで、施工性にも優れている(写真は、メッシュ門扉)

写真拡大

   三協立山アルミは、駐車場や公共施設などのパブリック空間の境界線でニーズのあるメッシュフェンス・門扉シリーズに、スマートな直線ラインを基調とした、新しい胴縁形状のメッシュフェンス「PYD-S型」とメッシュ門扉「PYM-S型」の発売を、2010年10月初旬に開始した。

   フェンス上部・下部は、三角形をベースとした直線基調のシャープなデザインで、フェンス連結部やコーナー部分にはフェンス横線を上下で挟んで固定する「パネル止め金具」を採用しており、施工性に優れ安定感がある構造設計にした。

   また、特注で広い開口に対応する「幅広門扉」や「引戸門扉」を設定。フェンスと同じ意匠で、統一感のある空間を演出する。

   色は、ブラック、ホワイト、J-ダークブロンズ、J-アーバングレー。特注にはグリーンがある。価格は、写真のメッシュ門扉(両開き、幅920ミリ×高さ1200ミリ)で、14万7500円(工事費を除く)。<モノウォッチ>

J-CASTモノウォッチとは?

注目商品・新サービスを中心に、トレンド最先端の「モノ」にこだわる記事を毎日掲載。ジャンルも豊富で、きっとお気に入りが見つかるはず。
売れ筋商品が一目で分かる!!売れ筋ウォッチがオープン!