いつでもどこでもiPhoneに「歌わせる」ことができる

写真拡大

   ヤマハは、「初音ミク」「がくっぽいど」などで有名な、楽曲のボーカルパートを制作できる歌声合成ソフト「VOCALOID(ヴォーカロイド)」のiPhone向けアプリ「iVOCALOID VY1t」と、iPad向けアプリ「iVOCALOID VY1」を開発したことを、2010年10月14日に発表した。

   iPhone向け「iVOCALOID VY1t」ではピッチカーブ入力方式を採用し、画面に指先でタッチして歌詞を入力、音程(ピッチ)のカーブを描くことで歌声を作ることができる。わかりやすいインターフェースと携帯性が特徴だ。

   iPad向け「iVOCALOID VY1」ではピアノロール入力方式を採用し、音程やピッチを画面にタッチして指定することで歌声を作っていく。従来のVOCALOIDにはなかった「伴奏同時再生機能」が追加されており、合成した音声と伴奏を同時に試聴しながら楽曲を制作することが出来るようになった。また、作成した楽曲データはメールで送信することができ、パソコンのVOCALOIDで編集することも可能。

   なお、両製品とも日本科学未来館および東京国際交流館にて開催中の「DIGITAL CONTENT EXPO 2010(10月14日〜17日)」に、10月15日から展示されている。<モノウォッチ>

J-CASTモノウォッチとは?

注目商品・新サービスを中心に、トレンド最先端の「モノ」にこだわる記事を毎日掲載。ジャンルも豊富で、きっとお気に入りが見つかるはず。
売れ筋商品が一目で分かる!!売れ筋ウォッチがオープン!