インテルのマッシモ・モラッティ会長が、バイエルン・ミュンヘンMFバスティアン・シュヴァインシュタイガー(26歳)獲得に動く可能性があると示唆した。

かねてからインテルがシュヴァインシュタイガーを狙っているという噂は流れていたが、同選手とバイエルンが契約延長で合意に至っていないことから(注:契約は2012年まで)、シュヴァインシュタイガーの大ファンであるモラッティ会長が積極的にアプローチを仕掛けるのではないかと報じられている。

伊コッリエーレ・デッレ・スポルト紙に対し、モラッティ会長は「シュヴァインシュタイガーは大変素晴らしい選手だ。特別なパワーとテクニックを持っている。今年のW杯で彼がもっと良い選手になったと分かったよ」とコメント、ドイツ代表の中盤の要に興味があることを認めた。

■最新記事
日本戦うらめし、ミリトとカンビアッソ数週間の離脱
ファーディナンド、イングランド主将にも復帰
マルセイユ、乱暴者デ・ヨンク追放へ動く?
イングランド代表DFテリー、大事なモンテネグロ戦欠場
人気上昇中のブンデスリーガでファンが抗議行動