パソコンのモニターに変身!写真の見せ方にもこだわったデジタルフォトフレーム

デジタルカメラで撮った写真を気軽に見ることができるデジタルフォトフレームは日々進化を遂げ、多機能化が進んでいる。ここで紹介するデジタルフレームは、なんとパソコンとの接続が可能だ。

コダックと加賀ハイテックは2010年10月5日、デジタルフォトフレーム「Kodak EasyShare P750 デジタルフレーム(P750)」を、10月下旬より発売すると発表した。
価格は、オープンプライス。

「P750」は、LEDバックライト搭載の7インチ液晶モニターを持つデジタルフレームだ。解像度800×600ピクセルの解像度を持ち、USB経由でパソコンのサブモニターとしても使うことができる。

フォトフレームの機能としては、「2GB内蔵メモリー」に画像データ自動圧縮機能により、約16,000枚におよぶ画像もらくらく保存でき、大量の画像は「撮影日順・ファイル番号順」表示、「同じ日に撮影されたもののみ・選択フォルダ内のみ」の表示もカンタンにできる。

再生される画像は「Kodakカラーサイエンス」、「Kodakパーフェクトタッチ」の採用により、深みのある色、自然な肌色などの細部の色再現を実現した。「オート縦横センサー」「縦横共用スタンド」で好みの置き方で楽しむことができる。


また、「人物中心にオートズーム・パンする」機能、「パノラマ画像を左から右にスイープ後ズームアウトする」機能、「マルチコラージュ」機能と見せかたにこだわった機能を搭載。さらにワンボタンでの3種類の表示モード(コラージュパターン/スライドショー/通常画像表示)切替もできる。

そのほかの機能としては、「P750」は「エナジー スター」認定製品で、光や音に反応して自動的に電源がオン/オフできるアクテビティーセンサーを搭載しいている。もちろん、タイマーセットによるオン/オフも可能だ。

なお、言語は日本語を含む主要21ヵ国語に対応していて、海外の方々へのプレゼントにも最適なものとなっている。

コダック
加賀ハイテック

■AV関連の記事をもっと見る
電車の中で音漏れを低減!木製ハウジングのカナル型イヤホン
もう専用メガネはいらない 東芝が裸眼3D液晶テレビを開発
豊富な地図で運転手をアシスト!テレビも見られるナビ「ゴリラ」
2Dも疑似3Dへ!BD付液晶テレビ「AQUOS クアトロン 3D」

FUJIFILM デジタルフォトフレーム DP-70SH レッド F DP-70SH RFUJIFILM デジタルフォトフレーム DP-70SH レッド F DP-70SH R
富士フイルム(2009-10-01)
おすすめ度:4.0
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る