ついに携帯ゲームが3Dに

写真拡大

   任天堂は2010年9月29日、携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS」の発売を発表した。発売日は11年2月26日。

   人気ゲーム機「ニンテンドーDS」シリーズの後継機として開発されたもので、既存のDS用ソフトも利用できる互換機能がある。また、3DS専用ソフトであれば、裸眼でも3Dコンテンツを楽しめる。

   ほかの機能も充実しており、3D写真の撮影・閲覧のほか、スリープモードの時でも情報やゲームデータ、映像などを自動的に取り込む「いつの間に通信」、周囲にあるほかのニンテンドー3DSとデータを交換する「すれちがい通信」などの機能が盛り込まれている。

   価格は2万5000円。<モノウォッチ>

J-CASTモノウォッチとは?

注目商品・新サービスを中心に、トレンド最先端の「モノ」にこだわる記事を毎日掲載。ジャンルも豊富で、きっとお気に入りが見つかるはず。
新たにJ-CASTニュースショップがオープン!