『iPhone4 仕事便利帳−1台を使い倒す300の活用法』

写真拡大

   ソフトバンク クリエイティブは2010年9月10日、新刊本『iPhone4 仕事便利帳−1台を使い倒す300の活用法』(著・山崎潤一郎、著・鈴木麻里子、著・竹田真)を発売した。

   スマートフォンの注目度が日に日に高まっている。中でもアイフォン用にはさまざまなアプリが開発されていて、その数は膨大だが、それだけ便利なツールであっても、使いこなせなければ意味がない。今回、発売された『iPhone4 仕事便利帳−1台を使い倒す300の活用法』では、使い倒すための活用法を300にまとめ、イラストや写真も交え、分かりやすく解説している。

   450誌以上を立ち読みできる「雑誌オンライン」、次の電車が発車するまでの残り時間を教えてくれる「駅.Locky(カウントダウン型時刻表)」、iPhoneのカメラで撮った書類の画像を自動的に翻訳する「Babelshot(フォト翻訳家)」、iPhone画面が定規になる「iScale」、長文メールを送るときに便利な「音声認識メールVer1.0」など、あれば大助かりなアプリが満載。そのほかにも、クラシックを聴いたり、オバマ米大統領の演説で英語を学んだり・・・この1冊で、ライフスタイルはかなり変わるはずだ。

   単行本、224ページ。定価1350円。<モノウォッチ>

J-CASTモノウォッチとは?

注目商品・新サービスを中心に、トレンド最先端の「モノ」にこだわる記事を毎日掲載。ジャンルも豊富で、きっとお気に入りが見つかるはず。
新たにJ-CASTニュースショップがオープン!