“モテる女→愛される女”になる方法とは?

写真拡大

同性の目の方が男性からの目線よりも厳しい…なんてよく聞く話。確かに、単に服装だけでなく、メイクや髪型まで含めた全体の雰囲気をチェックしたり、男女それぞれに対する態度の違いに敏感だったり…など、男性とは違った視点で、女性は同性をチェックしているような気が…。

では、同性に対して厳しい目を持つ女性から見ての “モテる女”の条件って何なのでしょう?さっそく、20〜30代の女性に「“モテる女”の条件は何ですか?」聞いてみました!すると…

1位:かわいい
2位:社交的な性格
3位:聞き上手
4位:同性からも好かれる
5位:清潔感がある

という結果に。男性が女性に求める条件としてあげそうな「家庭的」「スタイルがいい」などが圏外になるあたりは、女性の目線ならではなのかも!?ということで、この結果について、数多くの恋愛本の著者である藤沢あゆみさんにお話を伺ったところ、興味深いお話が!

「上位にランクインしたモテる条件には、多くの女性が『こうなりたいけど、自分にはちょっと難しいかも…』と思うような憧れの女性像が表れていますね。さらに、女性が友だちにしたいタイプとしても好感が持てそうな条件に支持が集まっているので、同性にモテる条件であるとも言えます。男女問わず多くの人から好感を持たれるので、間違いなく男性にもモテるでしょう。しかし、“愛される女”や“結婚相手として選ばれる女”になるためには、あと“もう一歩”が必要です!」

え!?そうなのですか?とりあえず、モテないよりかは、モテた方がいいけど…でも、“愛される女”にもなりたい!ということで、前述のアンケートでランクインした条件について、“愛される女”になるための“もう一歩”を、詳しく聞いてみました!

<かわいい・清潔感がある>
「“かわいい”、“清潔感がある”など、見た目や雰囲気的なところでの“モテる女”の条件には、“どの世代から見ても好感が持てる”ということが大切です。男性に『この人なら親にも紹介できそう』『親や親戚にも気に入られそう』など思ってもらえるように、特に自分より上の年代の人から好感を得ることが大事。例えば、男性が結婚を考えた時に、親や親戚への印象が良く、良好な関係を築いていけそうな女性かどうかをイメージできる“かわいさ”、“清潔感”を心がけるといいですね」

<社交的な性格・聞き上手・同性からも好かれる>
「“愛される女”になるためには、“社交的”、“聞き上手”、“同性からも好かれる”などのコミュニケーション力も重要。しかも、友だちや同僚など同世代だけにウケがいいのではなく、親や親戚などの自分より年齢が上の世代や、後輩や子どもたちといった自分よりも年齢が下の世代など、とにかく幅広い世代の人たちと上手にコミュニケーションをとれることが大事です。『この女性と結婚したら、明るい家庭が築けそう』と男性に思ってもらえるように、周囲への細やかな気遣いを忘れずにしましょう」

なるほど、“モテる女”の条件トップ5に共通していえる“もう一歩”とは、「あらゆる世代の人から好感を得られるようになること」なのですね!確かに、少しハードルがあがる感じはしますが、自分の親や結婚している先輩や友人の意見を参考にするといいかも。

ほか、トップ5にはランクインしなかったものの、支持が高かったモテる条件のなかにも“愛される女”になるコツが!

例えば「料理上手」であれば、凝った豪華な料理を振舞うよりも、残り物の材料でもサッと何かしら作れるようにした方が良いし、「おしゃれ」であれば、高いブランド物を多く身につけるのではなく、ノーブランドでも自分なりの着こなしを楽しむ方が良いのだとか。藤沢さんいわく、「男性に『この子はお金がかかりそう』、『一緒に生活するのは大変そう』と思わせてしまうと、付き合う対象としては良くても結婚相手としては考えてもらえない可能性大ですからね」とのこと。思った以上に男性は、「この子と結婚したらどうなるか」ということを、細かいところでチェックしているようです…。

女性から見ての“モテる女”の条件も間違いではなさそうですが、ワンランク上の“愛される女”を目指すには、さらなるステップアップが必要ってことですね。目標は高く(!?)“モテる女”じゃなく“愛される女”を目指しましょう!

【取材協力】
藤沢あゆみさん
作家・恋愛ブロガー。著書は『結婚本−大好きな彼を永遠にトリコにする105のルール』『1秒で彼を夢中にさせる本』のほか多数。オフィシャルブログ「モテる人の秘密 日刊モテゾー」では、読者からの恋愛相談にアドバイスも行う。藤沢あゆみさんオフィシャルブログ「モテる人の秘密 日刊モテゾー」

■関連記事
「人生にモテ期は3回ある」って本当!?
ズバリ!男より格上のオンナはモテない!?