初共演の三浦春馬さんと北川景子さん、「つけパン」VS「ひたパン」でどっちも「負けない」!

写真拡大

   「クノール カップスープ」の味の素が、スープとパンの新しい食べ方を提案する。そのテレビCMに、三浦春馬さんと北川景子さんが起用され、2010年9月24日にオンエアがはじまった。

   前日(23日)に、東京・赤坂で催されたテレビCMの発表会では、2人がそろって登場。三浦さんがスープにパンをつけて食べる「つけパン」派、北川さんはパンをスープに浸して食べる「ひたパン」派として、スープとパンを一緒に食べる新スタイル、「ディップスタイル」を披露した。

「勝ちにいきたい」と北川さんが熱く語る

   相性のよさもあって、今までなにげなく一緒に食べていたスープとパンだが、その食べ方は人それぞれ。パンをスープにちょっとつけて食べたり、パンをちぎってスープに浸して食べたりと、大きくはこの2つに分けることができるだろう。

   そんな食べ方の代表として、「つけパン」派の三浦春馬さんと、「ひたパン」派の北川景子さんが激突。初共演ながら、対抗心を燃やしている。

   というのも、今回のテレビCMは「つけパン」派と「ひたパン」派が競い合う「対決型テレビCM」で、CMの放映期間中にキャンペーンサイトで「つけパンVSひたパン人気投票」を実施。投票結果が次回のCM内容に影響するため、視聴者がどちらを多く支持するか、気が気ではないからだ。

   「つけパン」派の三浦さんが、「パンのサクッとした食感と、つけたスープが口の中でジュワ〜と広がる感じがおいしくて、ガブッと食べられる」と、撮影時に4枚のトーストを平らげたというエピソードを披露すれば、北川さんも負けじと、「パンのふわっとした食感がよかったです。濃いめのスープにパンを入れて、浸す時間を変えればカリッとした食感も、ジュワ〜ッとした食感も、好みで楽しめるのがいい」と「ひたパン」の魅力をアピールし、「クノールのスープは、わたしが学生のころから朝食や仕事の合間などに、ずっと食べてきました。絶対に負けません」と熱く語った。

「つけパン」「ひたパン」投票でオリジナルノベルティーが当たる

   テレビCMと同時進行する「あたなはどっち派?『つけパン』VS『ひたパン』キャンペーン」(http://tsuke-hita.jp)の投票期間は、9月23日13時30分〜11月8日10時00分まで。その最初の1票ずつを、三浦さんと北川さんが投じてスタートした。

   この投票は視聴者が投票すると、その時点での「勝敗」がリアルタイムでわかる仕組み。円グラフが「つけパン」派の黄色と、「ひたパン」派のピンクに塗り分けられるほか、都道府県別でもどちらが優勢か、わかるようにした。

   投票に参加すると、三浦春馬さん、北川景子さんの壁紙や待ち受け画面などのオリジナルデジタルノベルティーが当たる。

   また、キャンペーンは動画サイトのYouTubeとのタイアップコンテンツ「投稿!つけひたムービー選手権」を展開。賞金総額100万円を用意した。さらに、視聴者が考える新しいスープとパンの食べ方を募集する「わたしの『○○パン』募集キャンペーン」は、選考に残った新たな食べ方を、次回のテレビCMで紹介する。<モノウォッチ>

J-CASTモノウォッチとは?

注目商品・新サービスを中心に、トレンド最先端の「モノ」にこだわる記事を毎日掲載。ジャンルも豊富で、きっとお気に入りが見つかるはず。
新たにJ-CASTニュースショップがオープン!