座面や背もたれ、ひじ掛けなどは、すべてソフトクッション仕様

写真拡大

   パナソニック電工の全額出資子会社であるパナソニック電工ライフテックは、高齢者の入浴をサポートするシャワーチェアーシリーズに、ミドルサイズの「シャワーチェアー ミドルサポートタイプ」の4品種を追加し、2010年10月1日に発売する。

   従来のレギュラーサイズ(ひじ掛け内寸42.5センチ)、コンパクトサイズ(同32センチ)のシャワーチェアーとあわせて、ひじ掛け内寸37.5センチのミドルサイズを品揃えすることで、高齢者の体格や身体の状態、また浴室の洗い場の大きさや扉の状況・移動するスペースに配慮して選べるようにした。

   腰を曲げずにラクな姿勢で折りたためるワンタッチタイプもラインアップ。座面や背もたれ、ひじ掛けなど身体に触れる部分は、すべてソフトクッション仕様とした。

   希望小売価格は、「ミドルサポートタイプ(おりたたみ)」(重量4.1キログラム)が2万1000円。「ミドルサポートタイプ ワンタッチ(おりたたみ)」(重量4.6キログラム)が2万5200円。色はそれぞれ、オレンジとブルーの2色がある。<モノウォッチ>

J-CASTモノウォッチとは?

注目商品・新サービスを中心に、トレンド最先端の「モノ」にこだわる記事を毎日掲載。ジャンルも豊富で、きっとお気に入りが見つかるはず。
新たにJ-CASTニュースショップがオープン!