沸とう判定の精度を高めた省エネプログラムでコントロール

写真拡大

   タイガー魔法瓶は、「電気」で沸かして「まほうびん」で保温する「VE電気まほうびん とく子さん(R)」の新製品として、湯わかしの時の消費電力を抑えて排出する蒸気量を2分の1にカットした「PVV-A型」を2010年8月21日に発売したと、発表した。

   湯わかし時の消費電力をこれまでの905ワットから700ワットにまで落とすことで省エネ化を図り、同時に沸とう後の余熱を抑えて排出される蒸気量を大きく減らした。

   沸とう判定の精度を高めた省エネプログラムで、沸とう後は速やかに加熱を停止する。さらにかしこく、ボタン一つで湯わかし時と保温時の両方を省エネできる「省エネコース」を採用。温度センサーとマイコンが、お湯の温度を管理する。外出時や就寝時など、使用シーンにあわせて選べる「5段階の節電タイマー」もある。

   希望小売価格は、「PVV-A220(容量2.15リットル)」が1万6800円、「PVV-A300(同2.91リットル)」が1万7850円。<モノウォッチ>

J-CASTモノウォッチとは?

注目商品・新サービスを中心に、トレンド最先端の「モノ」にこだわる記事を毎日掲載。ジャンルも豊富で、きっとお気に入りが見つかるはず。
新たにJ-CASTニュースショップがオープン!