ここでしか手に入らない「特製209系A列車トレイン・Nゲージ」

写真拡大

   サイバーフロントは2010年10月8日、Windows向け都市開発鉄道シミュレーションゲーム「A列車で行こう9」の拡張ソフト「建物追加キット」を発売する。

   追加キットには、かやぶき屋根の日本家屋や下町商店街、ランドマークタワーなど「日本の風景」の中に取り入れたい建造物60種類以上が収録されており、今までにない「都市開発」が可能となる。価格は3990円。

   また、「A列車で行こう9」の発売1周年を記念した、特製Nゲージ(鉄道模型)とソフト本体をセットにしたアニバーサリー版の発売も決定。発売日は11年3月18日だが、受注生産品のため予約期間が10年11月初旬ごろまでとなっている。

   同梱される特製Nゲージは、「A列車で行こう7」の発売時(05年)のキャンペーンで、JR東日本・京浜東北線を走った宣伝列車を製品化したもの。先頭車両に広告を入れたヘッドマークが張られた、特製209系A列車トレイン・Nゲージがトミーテック社の協力により実現したという。価格は1万6275円。<モノウォッチ>

J-CASTモノウォッチとは?

注目商品・新サービスを中心に、トレンド最先端の「モノ」にこだわる記事を毎日掲載。ジャンルも豊富で、きっとお気に入りが見つかるはず。
新たにJ-CASTニュースショップがオープン!