同じ映画コンテンツでも、DVD版よりもBD版のほうがよく売れはじめてくるなど、急激に普及してきたブルーレイ。LGから9月下旬に登場するブルーレイディスクプレーヤー「BD550」は、店頭想定価格が1万3000円と低価格ながら、さまざまな機能を搭載したハイパフォーマンスモデルだ。

「BD550」はコンパクトな本体で、奥行きわずか190mm。これなら置き場所にも困らないだろう。
機能が充実している点も嬉しいところだ。本体にはLAN用の接続端子を装備しているので、LANケーブルを差し込んでインターネットに接続するだけで動画共有サイト「YouTube」が楽しめる。さらにアルバムサービス「Picasa」にも対応しているため、世界中の友達をテレビで写真を共有できる。このほか簡単なボタン操作で日本全国だけでなく、世界各国のお天気情報をゲットすることができる。

USB端子を備えているので、USBメモリーや外付けHDD内の映像、写真、音楽の再生にも対応しており、jpg/png/avi/mpg/mp3/wma形式のファイルが再生可能なほか、高圧縮なハイビジョン動画フォーマット「AVCHD」も楽しめる。

出力は1080pのフルハイビジョンで、低価格でありながら24Hz出力に対応するため、映画タイトルなどの24fpsで記録された映像もスムーズに再生させることができる1080p/24Hzに対応したテレビが必要)。

HDMIはバージョン1.3で、DeepColorによって8ビットの映像を10ビットや12ビットに拡張出力でき、豊かな色表現が可能となっている。音声は24.5Mbpsの高ビット転送速度を実現している。最新フォーマットの「Dolby TrueHD」「Dolby Digital Plus」「DTS-HD Master Audio」のパススルー機能を備える。

家電分野では日本で伸び悩んでいたLGだが、さすがに世界企業の成長したLGらしく、コストパフォーマンスが高くお買い得感のあるブルーレイプレイヤーになっている。

●主な特徴
・YouTube、Picasa対応
・USBメモリーや外付けHDDに保存したファイルを再生可能
・奥行き190mmのコンパクトボディ
・1080p/24Hzのフルハイビジョン映像を出力

●主なスペック
・出力解像度:1080p/60Hz,、1080p/24Hz、1080iほか
・出力端子:HDMI端子1系統、コンポーネント端子1系統、コンポジット端子1系統、同軸デジタル音声1系統
・対応メディア:BD-ROM、BD-R、BD-RE、 Hybrid Disc(BD+DVD)ほか ※CPRM対応
・消費電力:約10W
・サイズ(幅×高さ×奥行き):430×45×190mm(※突起部は除く)
・重量:約1.6kg
・その他:LAN端子1系統、USB端子1系統

LG Electronics

ITライフハック
ITライフハック Twitter

■AV関連の記事をもっと見る
1万円台でiPadに対抗か!日本語対応の電子書籍リーダー「E-FON」が登場
ニコンの本気度が見えた!デジタル一眼レフの中級機「D7000」の魅力
実質5万円台!アクトビラ対応の40V型フルハイビジョン液晶テレビ「LVW-F404」
オリンパスが本気を出した!最高水準の高画質と信頼性を実現した、最上位のデジタル一眼レフカメラ「E-5」を発表

Panasonic DIGA 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンチューナー搭載 ブルーレイディスクレコーダー HDD250GB DMR-BR550Panasonic DIGA 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンチューナー搭載 ブルーレイディスクレコーダー HDD250GB DMR-BR550
パナソニック(2009-02-01)
おすすめ度:4.5
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る