写真は「クレイネ セクンデ」のオパーリンシルバー

写真拡大

   インポートウオッチを扱うユーロパッションは2010年9月、ドイツの時計ブランド「ミューレ グラスヒュッテ」の新作コレクション「アンタリア」2モデルを発売する。

   さそり座の一等星アンタレスにインスピレーションを得たクラシカルなデザインが美しい同コレクションは、3針デイトタイプ「アンタリア デイト」とスモールセコンドを搭載した「アンタリア クレイネ セクンデ」の2モデルを展開している。

   丸みを帯びたマルチピース構造のステンレススチールケースは、ポリッシュとサテンに磨き分けられた丁寧な仕上がりで、光沢のあるニッケルプレート加工を施した小振りなアラビアインデックス、ルミノバコーティングされた繊細なハンズがシンプルな美しさを生み出している。

   ストラップはステンレススチール両開きバックル付ロシアレザー。両モデルともオパーリンシルバーとアンスラサイトの2色のダイヤルから選べる。

   「デイト」は19万9500円、「クレイネ セクンデ」は23万1000円。<モノウォッチ>

J-CASTモノウォッチとは?

注目商品・新サービスを中心に、トレンド最先端の「モノ」にこだわる記事を毎日掲載。ジャンルも豊富で、きっとお気に入りが見つかるはず。
新たにJ-CASTニュースショップがオープン!