韓国メディアによると、上海で2名の韓国人高校生が6〜7名の中国人に殴られる事件が発生し、韓国のネット上では大きな騒ぎとなっている。環球時報が伝えた。

 報道によると、12日、「中国人が集団で韓国人を殴打した」などいったタイトルが韓国の大手メディアの見出しを飾った。記事によれば、3日午後9時ごろ、上海の韓国人が多く住む地域で2名の韓国人高校生が20歳前後と見られる6〜7名の中国人男性たちに絡まれた。

 中国人男性たちは、「おまえたちは韓国人か?」と尋ねたため、韓国人高校生が「そうだ」と答えると、中国人男性たちは、「なぜ韓国人はイヌを食べるのか」と難癖をつけ、約1分間にわたって韓国人高校生たちを暴行したという。

 韓国では、「韓国人というだけで理由もなく暴行を受けた」と報じられ、ネット上では中国に対する批判の声が上がっている。(編集担当:畠山栄)



■最新記事
韓国「朝鮮半島の脅威は北と中国」、中国ネット上で反発の声
韓国「中韓で同名の地域、多くの共通点がある」で、中国で「またか…」
中国船が韓国船と衝突し沈没 全員が行方不明も台風で捜索難航
中国による日韓の国債買い越し、「陰謀論」がヒートアップ−中国
韓国で歴史的文物の発見に、中国は「起源はわが国」と念押し