8日、米紙は「金持ちになった中国人、フカヒレへの欲望は増すばかり」と題した記事で、中国人にフカヒレを食べないよう訴える活動が行われているが、難航しているようだと報じた。写真はフカヒレスープ。<url name="【その他の写真】" url="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=45314">

写真拡大

2010年9月8日、米紙The Madison Timesは「金持ちになった中国人、フカヒレへの欲望は増すばかり」と題した記事で、米NBAの中国人選手、ヤオ・ミン(姚明)や俳優のジャッキー・チェン(成龍)らが中国人にフカヒレを食べないよう訴える活動を行っているが、難航しているようだと報じた。10日付で環球網が伝えた。

アジアの食文化に欠かせない高級食材フカヒレ。中国では古くから富と権力の象徴として祝いの席には欠かせないものとされてきた。それが、経済の急速な発展に伴い近年は一気に需要が高まっている。全世界のサメの個体数はこの10数年で90%も減少。毎年1億匹が殺されているが、うち73%がフカヒレを目的としたものだ。そのうちの50〜80%が香港に集められ、大部分が中国本土に渡っている。

【その他の写真】

近年、中国ではフカヒレを食べないよう訴える運動が幾度となく行われている。ある団体は「フカヒレを食べるなど全くの無駄遣い。しかも、ヒ素やメチル水銀など人体に有害な物質が大量に含まれている」と訴える。06年には絶滅の危機にある野生動物の保護活動をしているNPO団体・ワイルドエイド(WildAid)は北京事務所の開設にあたり、中国バスケット界のスーパースター、ヤオ・ミンをイメージキャラクターに起用。中国各地で「買わなければ殺戮も終わる」と呼び掛けた。

電子商取引大手のアリババは先日、同社が運営する通販サイトでのフカヒレの取引を禁止した。香港でも10数軒のレストランがフカヒレなしの宴会コース料理を出し始めている。08年の北京五輪期間中に実施した調査によると、55%がこうした活動を「知っている」と回答。うち94%が「何らかの効果は出ている」、83%が「自分もフカヒレを全く買わない、または出来るだけ買わないようにした」、89%が「フカヒレの取引は禁止すべき」と答えた。

だが、それでも古くからの慣習を変えるのは容易ではなさそうだ。06年にヤオ・ミンが「フカヒレ食べない宣言」をした際は、中国本土、香港、日本、シンガポールの複数の企業が「営業妨害」だとして合同で抗議文を出したという。(翻訳・編集/NN)

【関連記事】
中国人のフカヒレスープの食べ過ぎが原因、サメの3分の1が絶滅の危機に―米誌
「フカヒレ食べさせろ!」レストランで女性が大暴れ?やらせ説も―香港
NBAロケッツの“長城”ヤオ・ミン、なぜか“フカヒレ”抜きで華燭の典―上海市
「ヴィトン提げてバスに乗る」ぜいたく品消費世界2位の中国、庶民の生活感覚に警鐘も―中国メディア
「ぜいたく病」脂肪肝の罹患が増加―中国