小さいハエが大量発生!発生源はどこ?
あなたの家でも、気がつくと台所でプ〜ンと小バエが飛んでいたり、風呂場の壁にチョウバエが止まっていたりしませんか。これらの虫は蚊のように刺すわけではないのですが、日本衛生動物学会の学会誌によると、ハエが幼虫期に人体に寄生する症例も複数報告されており、あまり歓迎できるものではありません。教えて!gooにも、

次から次へと家の中のいろんな場所で死んでいます。1日に50匹は死んでいます

というショッキングな質問が寄せられています。1日50匹ってすごいですね。さて小さなハエ達の発生源はいったいどこなのでしょうか。

■小バエ退治はゴミ箱の掃除が必要

小バエの発生源といえば、生ゴミが怪しいというのはわかりますが、どうもゴミを捨てるだけでは小バエの発生は抑えられないようです。

   「小バエは外から一匹とか入ってきた後、置きっぱなしの生ゴミや、ゴミ箱にへばり付いた生ゴミのカスなどに卵を産みつけます。なので、ゴミを捨てた後のゴミ箱も、ゴミカスが残っていないかチェックし、出来れば週一でゴミ箱をぞうきんで拭くこと」(onioncatさん)

ゴミ箱が小バエの発生源とは盲点でした。確かにコバエはサイズが小さいので、ちょっとの生ゴミがあれば発生してしまいそうです。今後はゴミを捨てるときに、ゴミ箱が汚れていないかのチェックも欠かせませんね。

■チョウバエは排水管トラブルの指標

チョウバエは5ミリにみたない虫で、トイレやお風呂などによく現れますが、前世がカエルやカメレオンでもない限り、見つけてあまりいい気分はしないものです。このチョウバエはいったいどこからやってくるのでしょう。

   「チョウバエは、排水溝などのスカム(ヘドロのようなもの)などに卵を産み付けたりするようですね。台所の排水溝、お風呂の排水溝、トイレの配管など、ありとあらゆるヘドロがたまっていそうな場所は掃除された方が良いと思います」(onioncatさん)

   「チョウバエの発生は排水管です。排水管にトラブル発生(割れ・脱落)の指標になる虫です」
(2238818さん)

あの良くいえばハート、でもどちらといえばスペードの形をした小さな虫は、排水管にたまったヘドロから発生していたとは。あまりチョウバエが多いようなら、排水管のトラブルが考えられるようなので、どうぞ水回りを確認してみてください。

玉置 豊(Tamaoki Yutaka) →記事一覧

Photo by goo Wikipedia

■関連Q&A
風呂場の 小バエ… 何度退治しても追い付きません
チョウバエはトイレの便器から出てきますか?

■関連記事
ゴキブリの侵入ルートを教えてください
蚊に好かれるあなたのための虫除け対策