焼酎好きなら一度は飲みたい「野海棠」

写真拡大

   祁答院(けどういん)蒸溜所(鹿児島・川内市)は、芋焼酎の新商品「野海棠(のかどう)」を、2010年8月20日に発売した。

   原料の芋は県内産の黄金千貫、米は九州産の上白米を使用。手づくり麹(こうじ)、木槽(もくそう)仕込み、木樽(たる)蒸留、洞窟(どうくつ)貯蔵と、すべての製造工程にこだわったもので、ほのぼのとした芋の甘い香りとかすかな木の香りがうまくマッチしている。

   ちなみに、商品名の「野海棠」とは、霧島でしか見られない花の名で、リンゴとサクラの花を合わせたような、清らかさが特徴だという。

   ストレート、ロック、お湯割りに適している。

   アルコール度数は25度。1800mlが2980円、720mlが1500円。<モノウォッチ>

J-CASTモノウォッチとは?

注目商品・新サービスを中心に、トレンド最先端の「モノ」にこだわる記事を毎日掲載。ジャンルも豊富で、きっとお気に入りが見つかるはず。
新たにJ-CASTニュースショップがオープン!