iPhoneアプリでチェック!

写真拡大

   イケア・ジャパンは2010年9月1日から最新版の商品カタログをIKEAストアで無料配布するのにあわせ、iPhoneアプリ「IKEAカタログ2011」の配信をはじめた。

   アプリは、商品カタログと同じ約700点のプライスダウン商品、約1000点の新商品を紹介。全ページをキーワード検索できるほか、欲しい商品ページをブックマークする機能などがある。

   配布される日本版カタログは、日本の住宅事情に即したページが2010年版に比べて、見開き30ページほどに増えているのが特徴。スウェーデン本社のカタログプロジェクトチームが日本の家を調査してまとめた、小物のコーディネートやスマートな収納法などのアイデアがたくさんある。イケア・ジャパンPRは「(カタログには)部屋づくりのヒントが詰まっています。ぜひカタログをご覧になって、より多くの方たちに家をより一層快適で楽しいものにしていただければと思います」とコメントしている。

   なお、イケアがプライスダウンを実現している背景には、世界共通の商品展開により人気商品には大量生産が発生するため、より低価格で高品質の素材調達が可能となるほか、商品をパーツに分解してフラットなパッケージに梱包し、輸送・倉庫保管にかかるコストの削減を行っているからだという。<モノウォッチ>

J-CASTモノウォッチとは?

注目商品・新サービスを中心に、トレンド最先端の「モノ」にこだわる記事を毎日掲載。ジャンルも豊富で、きっとお気に入りが見つかるはず。
新たにJ-CASTニュースショップがオープン!