セリエA開幕戦でレッチェに4−0と快勝したミラン。ズラタン・イブラヒモビッチを獲得したクラブのオーナー、シルヴィオ・ベルルスコーニ氏は試合前、「彼が加わり、我々はいつものように欧州や世界の主役となる」と述べ、さらに試合後にはイタリア『メディアセット』のインタビューで、「我々が関心を持つ選手が獲得可能だと分かったら、その選手も獲得するかもしれない」と、マンチェスター・シティFWロビーニョを獲得する可能性にも含みを残した。

ベルルスコーニ・オーナーは試合後、ガッリアーニ代表取締役やマッシミリアーノ・アッレグリ監督らとともに、ミラノのレストランでのディナーに向かった。この場でロビーニョ獲得について話し合われたかもしれない。レストランを出た際、ベルルスコーニ・オーナーは「ロビーニョ獲得? どうだろうね。我々次第ではないよ。ミランとして考えはある。どこでロビーニョがプレーできるか? 我々には多くの可能性があり、2つのポジションに3人がいる方が良いだろう。(マルコ・)ボッリエッロが移籍する? 決めるのは彼だ。状況は分かっているだろうし、自分のキャリアにとって何が最も正しいかを基に決断するだろう」と話している。

ロナウジーニョやアレシャンドレ・パト、フィリッポ・インザーギ、イブラヒモビッチに続き、ロビーニョも加わることになった場合の攻撃陣について、ベルルスコーニ・オーナーはこのようにコメントしている。

「ある意味、ファン・バステン時代以来となる最高の攻撃陣になるだろう。ロナウジーニョはサッカー史上ベストの選手であり、パトも非常に素晴らしい選手だ。イブラは8度のリーグ優勝を経験している」「(カルロ・)アンチェロッティとレオナルドは、クラブのアイディアに同意していなかった。個人的には彼らと最高の関係にあるが、彼らのミランの戦わせ方には同意していなかったんだ。アッレグリには、我々が良いスタートを切ったと伝えた。このまま前進するようにとね。我々は素晴らしい会話ができているし、大事なのはクラブのアイディアを分かち合うことなんだ」