女将軍・徳川吉宗を演じる柴咲コウ/[C] 2010 男女逆転『大奥』製作委員会

写真拡大

男女の役割が逆転したユニークな世界を描き、人気を博した同名コミックを実写映画化した『大奥』(10月1日公開)。公開に先駆け、8月30日(月)から9月5日(日)までの1週間限定で、新宿に全長約60mの男女逆転の大奥が出現する。さらに、原作者のよしながふみが 同作をイメージして書き下ろした、水野祐之進と徳川吉宗の巨大キャラクターも同時に出現。原作ファンのみならず、美しき男たちがずらりそろう男女逆転の大奥は必見だ。

原作者のよしながふみが『大奥』をイメージし、書き下ろした水野祐之進

本作は、『木更津キャッツアイ』シリーズ(03、06)×『雨あがる』(00)の製作者が超豪華キャストで贈る、誰も見たことのない歴史絵巻。男女逆転の時代劇となっている。綿密な時代考証に基づいて江戸の華、大奥の世界を絢爛豪華に描き、そして、ただ1つの偽りは、“この大奥、将軍は女、仕えるのは3000人の美しき男たち”であること。主演の水野祐之進役に、『硫黄島からの手紙』(06)以来の映画出演となる“嵐”の二宮和也。女将軍・徳川吉宗役に柴咲コウ。共演陣に堀北真希、大倉忠義、中村蒼、玉木宏、和久井映見、阿部サダヲ、佐々木蔵之介の超豪華キャストが集結。斬新な設定が生み出す人間ドラマを濃密に描ききった傑作となっている。【MovieWalker】