運転音を低く抑えて、夜でも気兼ねなく掃除できる

写真拡大

   パナソニックは、新開発の「パワープレスサイクロン」構造と、業界初の「リニア振動フィルター自動クリーニング」を搭載した、強力パワーの持続と清潔さ、簡単ゴミ捨てを両立した遠心分離方式のサイクロン式掃除機「MC-SSシリーズ」を、2010年9月25日に発売する。

   「パワープレスサイクロン」構造は、「遠心分離」とダストボックスのくびれ形状で生じる下方への圧力を利用した「空圧分離」に加えて、ゴミを通しにくい独自の「メタルメッシュシリンダー」で強力にゴミと空気を分離する集じん方式。ダストボックス内での分離効率が高いためフィルターが目詰まりしにくく、「リニア振動フィルター自動クリーニング」との相乗効果で、強力パワーが99%以上持続できる。

   ダストボックスに溜まったゴミは下方への圧力で圧縮されるので、ゴミが多く溜められるとともに、ホコリが舞い上がるのを抑えて、清潔で簡単にゴミ捨てできる。

   オープン価格。<モノウォッチ>

J-CASTモノウォッチとは?

注目商品・新サービスを中心に、トレンド最先端の「モノ」にこだわる記事を毎日掲載。ジャンルも豊富で、きっとお気に入りが見つかるはず。
新たにJ-CASTニュースショップがオープン!