泣いて、笑って、幸せになるオネエ説法

写真拡大

   宝島社は、高野山真言宗の高僧(阿闍梨=あじゃり)でありながら、いわゆる「オネエ」で、人気になっている水無昭善氏の幸せ説法本『つらい時は「やってらんな〜い」て叫べばいいのよ』を、2010年8月9日に発売した。

   同書は、09年末にテレビ番組『笑っていいとも!』の人生相談コーナーに、「オネエ過ぎるお坊さん」として登場以来、そのオネエキャラで人気沸騰した水無氏にとって初の著書。「アイドル好きよりマザコン男を選ぶべき」、「お給料はガマン料 楽しく働きたいなんて甘いわ」「恋愛体質な女性ほど 不幸な恋愛に陥りやすいよの」「髪ふりみだして働くのは20代まで 人を使うことを覚えましょう」など、女性たちのさまざまな悩みに、仏教の教えをもとに答える人生指南本だ。

   単行本、191ページ。定価1260円。<モノウォッチ>

J-CASTモノウォッチとは?

注目商品・新サービスを中心に、トレンド最先端の「モノ」にこだわる記事を毎日掲載。ジャンルも豊富で、きっとお気に入りが見つかるはず。
新たにJ-CASTニュースショップがオープン!