日本共産党の志位和夫委員長は26日、党本部で会見し、民主党の小沢一郎前幹事長が同党代表選への出馬を表明したことについて記者団に問われ、「国民の暮らしそっちのけの、権力のための権力闘争という感じだ」と述べました。

 志位氏は、「今、国民のみなさんが解決を求めているのは、この円高と不景気をどうするのか、日本経済をどう立て直すかということだ」と指摘した上で、「そういう問題はそっちのけで、『脱小沢』か、それに反対する勢力かという政争をやっている。これは国民の暮らしに対して責任ある政党の姿ではない」と批判しました。

 志位氏はさらに、小沢氏の「政治とカネ」の問題についても問われ、「あれだけ『政治とカネ』の問題で深刻な疑惑をもった人が出てくることに対し、国民の理解は到底えられるものではない」と強調。また、「菅首相自身も、『もうけじめはついた』と、『政治とカネ』問題の解明、自浄努力を何もやってこなかったことも事実であり、双方とも問題だ」と述べました。

■関連キーワード