あの「Cクラス」が400万以下で手に入る

写真拡大

   メルセデス・ベンツ日本は2010年8月23日、中型高級乗用車「Cクラス」に、エントリーモデル「C200 CGI BlueEFFICIENCY LITE」を追加した。

   排気量1800ccのターボチャージャー付きエンジンや計7個のSRSエアバッグを備えるなど、高い走行性能と安全性能も維持しつつ、装備を厳選した。

   価格は従来最も安かった「C200 CGI BlueEFFICIENCY」の440万円からセダンで399万円、ステーションワゴンで419万円に引き下げた。<モノウォッチ>

J-CASTモノウォッチとは?

注目商品・新サービスを中心に、トレンド最先端の「モノ」にこだわる記事を毎日掲載。ジャンルも豊富で、きっとお気に入りが見つかるはず。
新たにJ-CASTニュースショップがオープン!