フォルムは従来機種の「D3000」や「D5000」とあまり変わらない

   ニコンイメージングジャパンは、デジタル一眼レフカメラのエントリーモデル「ニコン D3100」を、2010年9月16日から発売する。

   新開発の有効画素数14.2メガピクセルCMOSセンサーや、フルHD動画の撮影ができる機能「Dムービー」を搭載。従来のエントリーモデルにあった、モニターを見ながら気軽に写せる「ライブビュー撮影」や「ガイドモード」も引き続き採用されている。

   価格はオープンだが、直販価格はボディーのみが6万4800円、レンズキットが7万4800円。<モノウォッチ>

J-CASTモノウォッチとは?

注目商品・新サービスを中心に、トレンド最先端の「モノ」にこだわる記事を毎日掲載。ジャンルも豊富で、きっとお気に入りが見つかるはず。
新たにJ-CASTニュースショップがオープン!