写真は、「SLG110N」

写真拡大

   ヤマハは、サイレントギター「SLG110S」「SLG110N」「SLG130NW」を2010年10月1日に発売する。

   サイレントギターの発売10年目を迎え、さらなる音質と演奏性の向上を実現したもの。自然な残響を加える「リバーブ」に加え、「コーラス」と「エコー」のエフェクトタイプを追加したため、練習用だけでなくステージユース、レコーディングなどの場面でも活用できる。

   モデルは、演奏スタイルに応じて3種類を用意。「SLG110S」(7万3500円)は、フォークギターやエレキギターからの持ち替えもスムースに行えるスチール弦仕様。「SLG110N」(7万3500円)は、弾きやすいナローネックタイプ。「SLG130NW」(7万8750円)は、一般的なクラシックギターと同様の指板とネック形状を採用したナイロン弦モデル。<モノウォッチ>

J-CASTモノウォッチとは?

注目商品・新サービスを中心に、トレンド最先端の「モノ」にこだわる記事を毎日掲載。ジャンルも豊富で、きっとお気に入りが見つかるはず。
新たにJ-CASTニュースショップがオープン!